ランキング参加してます…。


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
あくまのおよめさん―ネパールの民話
あくまのおよめさん―ネパールの民話 (JUGEMレビュー »)
Ishwari Karmacharya, 稲村 哲也, イシュワリ カルマチャリャ, 結城 史隆
RECOMMEND
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

楽天ブックストップページ

LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
OTHERS
 
娘たちの本棚から絵本の紹介です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ジオジオのかんむり (こどものとも傑作集 (19)) (こどものとも傑作集 (19))
ジオジオというのは冠をかぶった王様ライオンです。
他の動物たちはそのピカピカの王冠を見つけると、みんな逃げてしまうので、ジオジオはいつも一人ぽっちでした。
そんなある日、卵が全部だめになってしまって巣を作る場所を探している小鳥に出会います。
ジオジオは良い場所があると、自分の頭の上の冠に巣を作ることを提案しました。
王様の頭の上は卵を食べる大きな鳥も蛇もやって来れません。
卵は全部孵り、ジオジオのまわりは小鳥の声で賑やかになりました。
でも・・・。

王者の孤独なんて言葉は子供たちには分かりません。
でも寂しい雰囲気は伝わったと思います。
私は最後のページを呼んでめくった時が一番意外でした。
まだ続きがあると思ったんです。
この絵本のテーマに先に書いた「孤独」がありますが、もう一つの大きなテーマは「老い」だと思います。
ジオジオは白髪も生えて、目もよく見えなくなっているのです。
お話の所々にそんな話がさりげなく語られているのです。
お話は静かに進行して、静かに終わります。
子供たちに「老い」とはどういうことか、少し話す機会をくれる絵本です。


ブログランキング

JUGEMテーマ:絵本紹介
JUGEMテーマ:読書


| タイトル◇さ行 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
スーホの白い馬/モンゴル民話
スーホの白い馬―モンゴル民話
スーホの白い馬―モンゴル民話
大塚 勇三, 赤羽 末吉

作:モンゴル民話
再話:大塚勇三
絵:赤羽末吉

モンゴルの民話です。
続きを読む >>
| タイトル◇さ行 | 16:25 | comments(4) | trackbacks(0) |
そしたら そしたら/谷川俊太郎
そしたらそしたら
そしたらそしたら
谷川 俊太郎, 柚木 沙弥郎

作:谷川俊太郎
絵:柚木沙弥郎
出版:福音館書店

とにかく楽しい絵本です。
私は俊太郎ファンなので、しょっぱなから褒めちぎってしまうのですが、やっぱり彼の絵本は面白いです。



ブログランキング
続きを読む >>
| タイトル◇さ行 | 16:22 | comments(4) | trackbacks(0) |
せつぶんだ まめまきだ/桜井信夫
せつぶんだ まめまきだ
せつぶんだ まめまきだ
桜井 信夫, 赤坂 三好

作:桜井信夫
絵:赤坂三好
出版:教育画劇

この絵本は「行事の由来えほん」というシリーズの2番目で「節分」の由来をお話にしてあります。


ブログランキング
続きを読む >>
| タイトル◇さ行 | 08:00 | comments(5) | trackbacks(1) |
三びきのやぎのがらがらどん
三びきのやぎのがらがらどん―アスビョルンセンとモーの北欧民話
三びきのやぎのがらがらどん―アスビョルンセンとモーの北欧民話
マーシャ・ブラウン, せた ていじ

作:マーシャ・ブラウン
訳:せた ていじ
出版:福音館書店


大きさの違うやぎの名前はみんな「がらがらどん」。
まずこの名前に驚く。
どこをどうしたら、やぎに「がらがらどん」なんてネーミングが浮かぶんだろう。
お国柄の違いなのか、作者のセンスなのか…。


ブログランキング

続きを読む >>
| タイトル◇さ行 | 09:05 | comments(3) | trackbacks(0) |
サンタクロースと小人たち/マウリ=クンナス

サンタクロースと小人たち
マウリ=クンナス, いながき みはる

作:マウリ=クンナス
訳:いながきみはる
出版:偕成社

サンタが住む村はフィンランドのコルバトントリという山の麓にあるそうです。
この山の名前をすらすらっと読んでやれるまで、何回読んだことでしょう。
続きを読む >>
| タイトル◇さ行 | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
ぞうくんのさんぽ/なかの ひろたか
ぞうくんのさんぽ
ぞうくんのさんぽ
なかの ひろたか, なかの まさたか

作・絵:なかの ひろたか
レタリング:なかの まさたか
出版:福音館書店

ぞうくんが散歩に出かけると、かばに会う。
一緒に散歩に行こうと誘うぞうくんに、かばは背中に乗せてくれるならと答える。
そうして、ぞうはかば・わに・かめを背中に乗せて散歩する。
最後は池の中に倒れてしまう。
まぁ、無茶な設定です(笑)
続きを読む >>
| タイトル◇さ行 | 02:35 | comments(2) | trackbacks(2) |
そらまめくんとめだかのこ/なかやみわ
そらまめくんとめだかのこ
そらまめくんとめだかのこ
なかや みわ

作:なかやみわ
出版:偕成社

「そらまめくんのベッド」続編。
そらまめくんたちがある日起きると、いつもの遊び場が大きな水たまりに。
続きを読む >>
| タイトル◇さ行 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
そらまめくんのベッド/なかやみわ
そらまめくんのベッド
そらまめくんのベッド
なかや みわ

作:なかやみわ
出版:偕成社


登場するのは豆たち。
そら豆を始め、グリーンピース、さやえんどう、枝豆、ピーナッツ。
一口に豆と言っても色んな豆がある。
続きを読む >>
| タイトル◇さ行 | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
そらはだかんぼ/五味太郎
そらはだかんぼそらはだかんぼ
そらはだかんぼ
五味 太郎

作:五味太郎
出版:偕成社

「お風呂に入りなさい」というお母さんの言葉に返事したライオンのたろう君。
一枚、一枚と服を脱いでいくと、いつの間にかくまになってる。
くまのたろう君に、またお母さんが「はやくぬぎなさい」と声をかける。
くまのたろう君は、また脱ぎ始めます。
そして現れたのは、いたずらっ子のたろう君。

これを読んでからしばらくは、ライオンたろう君が脱ぐ仕草を真似して、「おしりふりふり…」なんてやってました。
一人で脱ぎ着を覚える頃に楽しい一冊です。
表紙カバーで半分隠れた、本の扉の裏にもいたずらっ子たろう君が隠れていますから、是非読んでくださいね。
| タイトル◇さ行 | 14:41 | comments(0) | trackbacks(0) |