ランキング参加してます…。


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
あくまのおよめさん―ネパールの民話
あくまのおよめさん―ネパールの民話 (JUGEMレビュー »)
Ishwari Karmacharya, 稲村 哲也, イシュワリ カルマチャリャ, 結城 史隆
RECOMMEND
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

楽天ブックストップページ

LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
OTHERS
 
娘たちの本棚から絵本の紹介です。
<< そらまめくんのベッド/なかやみわ | main | こぶた いたらいいな/ミック・インクペン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ぐりとぐら/中川李枝子・大村百合子
ぐりとぐら
ぐりとぐら
なかがわ りえこ, おおむら ゆりこ


作:中川李枝子
絵:大村百合子
出版:福音館書店


日本で一番有名(?)かもしれない絵本、ぐりとぐらシリーズの第一作目です。

野ネズミのぐりとぐらは、お料理することと食べることが大好き。
ある日森の中で見つけたのは大きな大きな卵。
二匹は考えた末にカステラを作ることにします。
大きな卵は家に持って帰れないので、道具と材料を森に運んで作り始めます。
その美味しそうな匂いに森の動物たちが集まってきました。

この本には通常の絵本と、大きなサイズの絵本があります。
家にあるのは通常版ですが、一度図書館で大きなのを借りて来ました。
すると大きな卵を本から持ち上げようとしたり、一緒になってボールの中をかき混ぜようとしたり…。
立体版ぐりとぐらになってしまいました。

ぐりぐらぐりぐら…。
二匹の名調子もこの絵本の魅力です。
読んだ後はカステラと称したホットケーキを如何ですか?
| タイトル◇か行 | 14:46 | comments(3) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 14:46 | - | - |
やっぱりグリとグラですね!
これにはだれも文句ナシ!
楽しい絵本ですよね。
また、きます!
−−(や)−−
| 山猫編集長 | 2004/10/08 11:39 AM |
■山猫編集長さん
何回か読み逃げさせて頂いております(^^;
書き込み嬉しかったです。
こちらこそ、またお邪魔させていただきます!
| 美穂 | 2004/10/08 11:49 AM |
Good site and good blog.Thanks
| OnlineSlot | 2006/03/17 12:11 PM |









http://koyagis.jugem.jp/trackback/10
【33】「ぐりとぐらとくるりくら」なかがわ りえこさん作・おおむら ゆりこ さん絵
ようやくのせられました!「ぐりぐらシリーズ」 「ぐりとぐら」が1963年初出だそうなので、たぶん古典と言ってもいい作品なのでしょうね。 親子二代の思い出になるようなそんな名作なんだなあ、きっと。 「赤と青」がどっちがどっちだかワカラナイとお嘆きのアナタ
| 【号外】やまねこ新聞社 | 2004/10/10 11:30 AM |