ランキング参加してます…。


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
あくまのおよめさん―ネパールの民話
あくまのおよめさん―ネパールの民話 (JUGEMレビュー »)
Ishwari Karmacharya, 稲村 哲也, イシュワリ カルマチャリャ, 結城 史隆
RECOMMEND
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

楽天ブックストップページ

LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
OTHERS
 
娘たちの本棚から絵本の紹介です。
<< もりのかくれんぼう/末吉暁子 | main | とん ことり/筒井頼子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ふくろうのそめものや/日本民話
ふくろうのそめものや
ふくろうのそめものや
山口 マオ

作:日本民話
絵:山口マオ
出版:すずき出版

ふくろうの染物屋は綺麗な色に染めてもらいたい鳥たちで大繁盛。
真っ白い体が自慢のカラスも、誰よりも綺麗に染めてくれと染物屋を訪ねます。


ブログランキング
初めはピンクがいいと言い、次は水色がいいと言い、黄色、赤色…と好き勝手言うカラスに怒ったふくろうが、それなら全部塗ればいいだろう!と全部の色をぶちまけたから大変。
カラスは真っ黒になってしまいました。という昔話です。

同じお話の本が出てると思いますが、私は「わにわに」シリーズを描いている山口マオさんの絵に惹かれてこれに決めました。
内容的にはカラスが怒ってふくろうを追い回すので、ふくろうは夜にしか出てこなくなりましたというストーリーが割愛されているように、3歳くらいまでならいいけど、大きな子には少し物足りない感じがしました。
| タイトル◇は行 | 17:28 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:28 | - | - |
こんばんは(^^)
私が買った本では、ふくろうを追い回す場面がありました。最後に小さくなって木の穴の中に隠れているふくろうの絵がなんとも寂しげで。こういうオチだったんだーと、ちょっと驚きでしたねー。大人になってから読むとまた新たな発見がありますね。
| みっぴー | 2006/01/24 11:47 PM |
■ みっぴーさん
そうそう、私も最後にふろうが夜に活動するわけが分かって、妙に納得した覚えがあります。
この絵本はそこがないので、少し物足りないんですよね。
絵はすごく好きなんですけど。
大人になって読むと、絵本って新鮮で、新たな発見があったりで楽しいですよね。
| 美穂 | 2006/01/25 10:58 AM |









http://koyagis.jugem.jp/trackback/45