ランキング参加してます…。


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
あくまのおよめさん―ネパールの民話
あくまのおよめさん―ネパールの民話 (JUGEMレビュー »)
Ishwari Karmacharya, 稲村 哲也, イシュワリ カルマチャリャ, 結城 史隆
RECOMMEND
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

楽天ブックストップページ

LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
OTHERS
 
娘たちの本棚から絵本の紹介です。
<< プンク マインチャ/ネパール民話 | main | あくまのおよめさん/ネパール民話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
スーホの白い馬/モンゴル民話
スーホの白い馬―モンゴル民話
スーホの白い馬―モンゴル民話
大塚 勇三, 赤羽 末吉

作:モンゴル民話
再話:大塚勇三
絵:赤羽末吉

モンゴルの民話です。

スーホというとても働き者の少年がいました。
スーホが見付けた白い馬はとても素晴らしく、周りの勧めもあってとのさまの競馬大会に出場することになりました。
優勝するととのさまの娘と結婚できるという競馬です。
スーホと白馬は見事に優勝しましたが、とのさまは優勝したのが貧しい羊飼いだと知ると、馬を置いて帰れと言い出します。
断るスーホは殴られ、白馬も取り上げられてしまいました。
友達の介抱でやっと家に帰りましたが、床に伏せてしまいました。
とのさまはみんなに白馬を自慢しようと、お客や家来の前で乗ろうとした時、とのさまを振り落として逃げ出しました。
とのさまは怒って家来に矢を射かけさせました。
矢を受けならがらも白馬はスーホの元に走ります。
床にいたスーホが気配に気付いて戸口へ出ると、白馬は矢を背中にいっぱい受け、傷だらけになりながら立っていました。
スーホは矢を抜いてやりますが、白馬は死んでしまいました。
スーホは悲しみ幾晩も眠れません。
それでもやっとトロトロ眠った時に、夢に白馬が出てきました。
そして自分の骨や皮や筋や毛で楽器を作ってくれと言うのです。
スーホはその通りにし、楽器が出来上がりました。
それが馬頭琴です。

モンゴルの代表的な楽器、馬頭琴ができた物語です。
私も子供の頃読んだ記憶のある絵本でしたが、実はあまり好きな絵本ではありませんでした。
悲しい終わり方だったからでしょうか。
今読んでみても、約束をやぶっただけでなく、スーホを痛めつけたり、白馬を殺してしまったとのさまに何か天罰でもないと気持ちがすっきりしません。
この悲しい物語に絵を描いているのは「ももたろう」「だいくとおにろく」を描いている赤羽さんです。
最初の方ではモンゴルの雄大さがよく出ているページが続きます。
最後の方では力強い線で大胆に悲しさを描ききっています。

お話はやはり好きではないのですが、良い絵本だと思います。
我が家では上の娘が特にこの絵本が好きで、読んでくれとリクエストされます。
私から選ぶことはない絵本ですが、娘が好きなので頻繁に棚から出てきます。



ブログランキング
| タイトル◇さ行 | 16:25 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:25 | - | - |
美穂さん、こんにちは。
うちの夫は、あまり絵本に興味はない人ですが、
この「スーホの白い馬」は、子供の頃に読んだ絵本ということで、
思い出があるそうです。
良い本だと私も思うのですが、悲しいお話だし、なんとなく
避けていたような所がある私です。
なので、我が家の本棚にはありません。
子供と親の好みが違う時が、我が家でもやはりあります。
私は、自分が好きな本を、娘にも読んでもらいたくて、
ついつい押し付けのようになってしまうことがあり、
時々反省しているんです。
| はらぺーにょ | 2006/02/06 5:45 PM |
読んでみたいと思いつつなかなか機会がなかった一冊です。
娘の教科書に載っているので読もうと思えば読めるのですが
やはり最初は絵本でと^^
記事を拝読して、やはり読んでみたくなりました〜。
| 新歌 | 2006/02/06 6:40 PM |
我が家には英語版があります。
日本語でも難しいので英語はさらに??ですが。
悲しいお話ですがこういうお話もいずれは読んでいってあげたいと思います。
これはモンゴル共和国のおはなしでしょうが、私は内モンゴル(中国)に行ったことがあります。
草原に生きる人々の優しくてたくましい姿を、この絵本を見ると思い出します。
| まつりか | 2006/02/07 2:04 AM |
■ はらぺーにょ
そうですね。自分で絵本をスッと選んで持って来る時はそれを読みますが、迷ってる時はつい口出ししてしまうことがあります。
娘は娘の価値観で絵本を選んでいるので、邪魔しちゃいけませんよね。
悲しいお話なんだけど、娘が何故この絵本を持って来るのか、そこを知りたいです。

■ 新歌さん
教科書に載っているんですね。知りませんでした。
もしかしたら、私の読んだことがる記憶も教科書のものだったのかも…。
でも、確かに教科書と絵本ではサイズが違うので、あのモンゴルの草原を描いたページは横長の、あのサイズで見て頂きたいと思います。

■ まつりかさん
モンゴル憧れです〜!
今、知り合いがJICAの仕事でウランバートルに赴任しています。
いつか行ってみたい国の上位ランクに位置しています。
最も、冬に行ってみたいとは思ってませんが…(^^;

| 美穂 | 2006/02/07 8:40 AM |









http://koyagis.jugem.jp/trackback/57