ランキング参加してます…。


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
あくまのおよめさん―ネパールの民話
あくまのおよめさん―ネパールの民話 (JUGEMレビュー »)
Ishwari Karmacharya, 稲村 哲也, イシュワリ カルマチャリャ, 結城 史隆
RECOMMEND
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

楽天ブックストップページ

LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
OTHERS
 
娘たちの本棚から絵本の紹介です。
<< ノンタン にんにん にこにこ/キヨノサチコ | main | めの まど あけろ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
10(とお)までかぞえられるこやぎ/アルフ・プリョイセン
1010(とお)までかぞえられるこやぎ
10(とお)までかぞえられるこやぎ
アルフ プリョイセン, 山内 清子, 林 明子

作:アルフ・プリョイセン
出版:福音館書店

アルフ・プリョイセンと言えば「スプーンおばさん」のシリーズが有名ですが、我が家にやって来たのは、この絵本が一番乗りでした。


ブログランキング

理由は簡単。タイトルに「こやぎ」が付いていたからです。
私ではなくて仔山羊のお父さん、黒山羊が買って来た物でした。

こやぎは10(とお)まで数えられるようになりました。
始めこやぎが水たまりに映る自分の姿を「ひとつ」と数えます。
次にやって来たこうしを「ぼくでひとつ、こうしでふたつ、1、2」と数えます。
かあさんうし、とうさんうし、うま…と、どんどん出会う動物たちを数えますが、敢えてか訳者は「匹」という単位は使わず、「ひとつ・ふたつ・みっつ…とお」という数え方をしています。

何故か数えられた動物たちは怒って、こやぎをみんなで追いかけます。
最後に川に出て船にこやぎが飛び乗ると、船は川の真ん中へ。
鶏の船長が「定員は10人乗りなんだ!誰か数えてくれ!」と騒ぎます。
そこでこやぎが数を数えて大活躍。
こやぎはその船の数を数える係りになりました。

日本語には数の単位がたくさんあって難しいのですが、大抵「いち・に…」とまず覚えると思います。
「ひとつ・ふたつ…」はその次の段階かな?という気もしますが、特に数の勉強と言うより、ゲームの呪文のように読んで聞かせればいいんじゃなかと思っています。
仔山羊はすぐ丸覚えしましたが、それと数字がリンクしているかは、未だに定かじゃありません。
| タイトル◇た行 | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:10 | - | - |









http://koyagis.jugem.jp/trackback/61