ランキング参加してます…。


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
あくまのおよめさん―ネパールの民話
あくまのおよめさん―ネパールの民話 (JUGEMレビュー »)
Ishwari Karmacharya, 稲村 哲也, イシュワリ カルマチャリャ, 結城 史隆
RECOMMEND
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

楽天ブックストップページ

LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
OTHERS
 
娘たちの本棚から絵本の紹介です。
<< ぶたぶたくんのおかいもの (こどものとも傑作集 (81)) | main | ぼくのぱん わたしのぱん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
まじょのかんづめ (こどものとも傑作集)
JUGEMテーマ:絵本紹介

森を散歩してたら知らないおうちが一軒建っていました。
中に入ってみると缶詰の中から「たすけて〜」。
缶切りであけてみると、中から次々の森の動物たちが飛び出して来ます。
全部の缶をあけて自分も逃げようとしたところへ魔女のご帰還。
女の子も缶詰にされちゃいます。
それを助けた動物たちが助けてくれました。

結構こわい話しなのですが、まずは絵柄がこわくないのがいいのか、子供たちは怖がらずに聞いていました。
石にされちゃうとか、カエルにされちゃうとか、魔女の仕業はいろいろあると思いますが、缶詰にされちゃうというはなかなか斬新なアイデアでおもしろかったです。
絵も表紙の通り、ポップでかわいらしいですウィンク
缶詰はギッシギッシと缶切りで開けるタイプなのです。
あの缶詰をあける力加減を子供たちは知らないので、読みながら伝わるかのな?と「ギッシギッシ」と読んでいます(苦笑)
今はほとんどがプルトップで「プシュッ」ですね。
一度ギッシギッシ開ける缶詰を買ってきてやらせてあげようと思いました。
この絵本を読んでからしばらくは、缶詰を持ち出してはコンコンってやるのが流行ってました
| タイトル◇ま行 | 08:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:04 | - | - |









http://koyagis.jugem.jp/trackback/80