ランキング参加してます…。


CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
あくまのおよめさん―ネパールの民話
あくまのおよめさん―ネパールの民話 (JUGEMレビュー »)
Ishwari Karmacharya, 稲村 哲也, イシュワリ カルマチャリャ, 結城 史隆
RECOMMEND
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

楽天ブックストップページ

LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
OTHERS
 
娘たちの本棚から絵本の紹介です。
<< ぼくのぱん わたしのぱん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん) | main | ジオジオのかんむり (こどものとも傑作集 (19)) (こどものとも傑作集 (19)) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ゴリラのパンやさん (こどものくに傑作絵本)

評価:
白井 三香子,渡辺 あきお
金の星社
¥ 1,155
(1991-11)
ゴリラがパン屋さんを開きましたが、お客さんが来てもゴリラを見てこわがって買わずに帰ってしまいます。
ゴリラなりに笑顔で接客したり努力するのですがダメで、とうとうゴリラはカウンターの下から指人形での接客を始めました。
そこへ子供たちが買いに来たのですが、キツネの子が割り込みしてきます。
思わずゴリラはカウンターの下から「こらー!」と顔を出してしまいました。
またやってしまったとゴリラは慌てて隠れますが、子供たちは優しいゴリラのパン屋さんからパンを毎日買って行くようになり、森のみんなも集まって大繁盛になりました。

人の?猿の良さそうなゴリラが、自分の顔がこわいのを気にしながら、売れ残りのパンをほおばっている姿が印象的でした(^^;
子供たちは裏表紙に怒られたキツネくんが、ゴリラさんに謝って仲直りしてお店に買いに来ている絵があるのを見て、「仲直りしたんだね。良かった〜!」と安心していました。
私はそういう本体から離れた絵から、物語の続きを読みとれるようになったんだと、それを聞いた時に感心したのを覚えています。


JUGEMテーマ:絵本紹介
JUGEMテーマ:育児


| タイトル◇か行 | 17:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:45 | - | - |









http://koyagis.jugem.jp/trackback/90